Pocket

デトックスでダイエット効果を高める

スポンサーリンク

身体の中に溜った老廃物や毒素を体外に排出させる『デトックス

最近この言葉を耳にする事が多いですよね。

デトックスは、健康・美容効果が期待できると言われていますが、ダイエット効果をさらに高めてくれます!

 

これはダイエッターには見逃せない情報ですよね。

 

今回は「デトックスでよりダイエットを成功に導く」というテーマで、筆者の体験談を踏まえながら、デトックスとダイエットの関係についてお話したいと思います!

スポンサーリンク

 

デトックスとダイエットの深い関係

ダイエットと言うと、どうしても食事制限をするというイメージがありますよね。

確かに食事の量を減らし、摂取カロリーを抑えれば体重は減ります。

 

でも、食事や間食を我慢したり、カロリー計算をするのって大変ですよね。

そして大変な割には、なかなか結果が出ない…という方も多いのではないでしょうか?

 

そんな方のお悩みを解消出来るのが「デトックス」です。

デトックスをする事によって、ダイエット成功率は飛躍的にアップします!

 

デトックスって何?

デトックスとは老廃物や毒素を排泄して体内を浄化することです。

老廃物はともかく「毒素?」とギョッとしてしまった方もいらしゃるかもしれませんね。

 

私たちは日々の生活の中で、食品添加物や排気ガスなどから有害な物質を無意識に取り込んでしまっているのです。

 

また、食事ごとに体内に老廃物もたまります。

体内の毒素は身体の中にある酵素が解毒していますが、体内の酵素は24時間働き続けているんです!

 

つまり、デトックスすることで身体の酵素を休ませてあげることができます。

お休みした酵素は活性化しますので、デトックス後に代謝が良くなったり、お肌がツルツルになったりするのです。

 

ボディークリエイターかおりボディークリエイターかおり

土日のお休み明けにリフレッシュしたOLさんのイメージです。

 

酵素が弱ると太りやすく肌荒れしやすくなる

老廃物や毒素が身体の中に蓄積していると、体にさまざまな悪影響が現れます。

ホルモンバランスが乱れたり、免疫力が落ちて風邪をひきやすくなったりする事もあるんですよ!

 

例えば、絶えず食べている人は、常に腸の中の酵素が働いていますので酵素も完全な仕事ができなくなります。

 

老廃物や毒素を残したまま消化している状態なので、身体に良い事など1つもありません!

排出する事で、様々な身体の不調が改善され、さらに痩せやすくなるというのですから、するしかないですよねデトックス!

 

デトックスがダイエット成功のカギになる!

身体の中に、老廃物や毒素が貯まると基礎代謝が下がり太りやすくなる、というのはすでにお話した通りです。

基礎代謝というのは「人間が生きているだけで消費されるエネルギー」の事です。

 

基礎代謝が低いと、脂肪を溜め込みやすく、燃焼しにくくなります。つまり『太りやすい体質』という事です。

逆に基礎代謝が高いと、脂肪を溜めにくく、燃焼しやすい「太りにくい体質」と言えます。

 

どんなに効果のあるダイエット方法でも、基礎代謝が低いとなかなか効果は表れません。

ちょっと食べるとすぐに太る、ダイエットをしてもなかなか痩せれない、そんな方は基礎代謝が低い可能性が高いのです。

 

デトックスがなぜダイエット成功のカギになるかと言うと、デトックスする事で血流が良くなり基礎代謝が高くなるからです。

血行が良くなると、臓器が元気を取り戻し、それぞれの活動が活発になります。

腸も然り!

 

肥満気味の方には便秘が多いですが、デトックスをすれば腸の働きもよくなりますので、便秘解消効果が期待出来ます。

ポッコリお腹が改善されるだけでなく、浮腫みや腹部の膨張感も軽減されるので、心身共にスッキリしますよ!

スポンサーリンク

 

デトックスするならファスティングがおすすめ!

さて、ダイエット効果を高めるにはデトックスがいい!という事はわかっていただけたと思うのですが、どうやってデトックスすればいいの?という疑問が頭に浮かんだ方も多いのではないでしょうか?

 

効率のよい方法と言えば・・・。ファスティングです。

ダイエット、デトックス、ファスティング、この3つはセットと言っても過言ではありません。

 

自他ともに認めるダイエッターである筆者もファスティング経験者です。

そこでこの項では、筆者の体験談を交えながらファスティングについて詳しくお話していきます。

 

私のファスティング体験談

ファスティングというのは、簡単に言うと「断食」のことです。

一定期間、固形物を摂らず水分のみで過ごすというものですが、だいたい2~3日が安全に行える期間です。

それ以上長い期間になると自分で行うのは危険を伴いますので、専門のトレーナーの元で行うと安心してファスティングができます。

 

・・・という知識があったのにも関わらず、私はおろかにもファスティングを3日以上続けてしまい、体調を崩してしまいました。

しかもそれを好転反応?(あとで詳しくお話しますね)と勝手に理解してしまい、無理やりファスティングを続行したのです。

結果から言うと、ファスティングを5日続け、体重は3kg減りましたが5日目にウォーキング中に倒れてしまいました。

頭痛と嘔吐もあり、半日はベッドで過ごしました。

私のような失敗をしないためにも、ぜひファスティングに対する正しい知識を身につけてくださいね!

【参考:ファスティングとはプチ断食:正しい始め方なら全然苦しくない

 

自己流ファスティグは危険?

自己流ファスティングは危険か?という問題ですが、結論から言うとYESです。

「自己流」というのは、何をするにしてもリスクが伴います。

 

ボディークリエイターかおりボディークリエイターかおり

一番大きな危険は「がんばりすぎてしまうこと」です。筆者もまさにそれでした。

ファスティング自体は危険な行為ではありません。

特に1~3日間のみ行うような短期間のファスティングは1人でも実践可能です。

ただ、それはきちんとルールを理解した上で行う必要があります。

 

ファスティング=断食=何も食べない

こんな風に思っている方は、危険です!

 

いくら短期間であっても、ファスティングには身体と心の準備、そしてファスティング期間に起こり得る身体の変化についての知識が必要です。

 

ですから決して「自己流」のファスティングはしないでください!

次の項で、1人で簡単に行える短期間ファスティングをご紹介するのでぜひご一読くださいね。

 

ボディークリエイターかおりボディークリエイターかおり

ファスティングで一番重要なのは回復期です。ファスティングで食べない時期があってもドカ食いしてしまっては元も子もありません。

 

ファスティングするなら週末ファスティングなどで対応しましょう

ファスティングをするのであれば「週末ファスティング」がオススメです。

土日の2日間を利用すれば、自宅で誰にも知られずファスティングを行う事が出来ます。

 

いきなり絶食に入るのは、身体がびっくりしてしまうため、予備日として1日プラスし、金曜日から3日間行うのがベストでしょう。

と言っても、金曜日のランチは普通に食べる事が出来ますので、仕事や学校がある方でも心配無用です!

 

また、どんなに効果があっても3日以上続けるのは絶対にいけません!

私のように、体調を崩したあげくリバウンドという最悪の結果になってしまう可能性が大きいです。

繰り返しになりますが、3日以上続ける場合は、必ずファスティングの専門トレーナーの指導の元で行ってくださいね!

 

ボディークリエイターかおりボディークリエイターかおり

ファスティング=ダイエットと考えてしまうと失敗の元です。ファスティング=腸内リセットと考えましょう。ファスティングが終わってから痩せやすい身体になっているんですよ。

 

週末ファスティングのやり方

さて、それでは週末ファスティングのやり方をお話していきます。

3日間のスケジュールはこのようになります。

 

  • 1日目 予備日

この日は、ファスティングに入るための「予備日」です。

準備期間を設ける事で、身体に負担をかけずにファスティングを行うことが出来ます。

・朝食 普通に食べる

・昼食 腹八分目まで食べる

・夕食 通常の半分の量で、就寝3時間前に必ずすませること

 

朝から夜へかけて徐々に食べる量を減らして身体をファスティングに向けて調節していきます。

また出来れば油っぽい食事は避け、野菜中心の和食にしておくと、スムーズにファスティングに入る事が出来ます。

水分は自由にとってかまいませんが、水(常温)、白湯、ノンカフェインのお茶などがオススメです。

 

ボディークリエイターかおりボディークリエイターかおり

晩御飯にお肉や玉子などのタンパク質は×です。タンパク質の分解に酵素をたくさん使いますので、予備日の晩御飯は白米100g程度、サラダや温野菜を摂ることが推奨されています。ファスティング用の酵素ドリンクなどは多めに摂取しても良いでしょう。

 

  • 2日目 ファスティング1日目

今日は固形物を食べるのは一切禁止です。水や、白湯や温かい麦茶、ノンカフェインのお茶であれば飲んでも構いません。

一度に多く飲むのではなく、意識して小まめに水分補給をしてください。

 出来るだけ身体を休めてゆったりと過ごすようにしましょう。

断食の最中の激しい運動は避けましょう。また外出もできるだけ控えた方がよいでしょう。

 

ボディークリエイターかおりボディークリエイターかおり

酵素ドリンクなど摂取しましょう。低血糖状態が続きますので頭痛や倦怠感、人によっては吐き気、めまいなどの症状が報告されています。

※管理栄養士の話では、アメなどをなめて塩分補給することをおすすめしています。それでも改善しない場合は、直ちにファスティングを中止しましょう。

 

  • 3日目 ファスティング2日目

この日は「復食日」です。

昨日一日何も固形物を食べていませんので、いきなり普通の食事をすると身体がびっくりしてしまいます。

 

消化不良や胃痛の原因になりますので、消化の良いものをほんの少しずつ徐々に食べていきファスティングをする前の状態に戻していきます。

・朝食 おかゆをおわんに軽く一膳

・昼食 おかゆ、柔らかく煮たうどん、や野菜を少々

・夕食 昼食と同じ

 

よく噛んで食べる事をこころがけ、水分補給もこまめに行ってください。アルコールやジュースなどは控えるようにしましょう。

 

これが3日目のメニューです。

この週末ファスティングは、減量効果そのものを狙うというよりは、デトックスする事で痩せやすい身体を作るのが目的です。

 

物理的な食事量が減るので、もちろん体重は落ちますが、ダイエット効果が現れるのは、ファスティング終了後です!

身体が浄化された事で、デトックス後は基礎代謝が上がっていますからダイエットの効率がとてもアップします。

 

無理な食事制限などをしなくても、バランスの良い食生活と適度な運動をする事で、気持ちよく痩せていく事が出来ます。

つまり、ファスティングが終わった後こそ痩せる事が出来るチャンス期間なのです。

くれぐれも、ファスティングが終わったからと言って気を抜いて、バカ食い!なんて事はしないでくださいね。

 

また長期に渡ってファスティングをしたいという方は、残念ながら自力で行うのは危険です。

 

ボディークリエイターかおりボディークリエイターかおり

というより、長期のファスティングは意味がありません。短期間で痩せたい方は炭水化物を抜けばみるみる痩せますが、食事を元に戻した時点で以前より太る体質になってしまいます。何ごともバランスとがんばり過ぎないことが大切ですよ。

 

【重要】ファスティング期間に起こる体調不良は好転反応だった!

先ほども少し触れましたがファスティングを行うと、「好転反応」という症状が起こる事があります。

風邪に似た症状で、頭痛、悪寒、眩暈、だるさ、腹痛を感じる人が多いのですが、これはファスティングによって身体のデトックスが進んでいる証拠です。

 

ファスティングを行うと、体内に溜っていた老廃物や有害物質が体外に排出されます。

この時、毒素は排出される前に血液中を巡って各臓器に行き渡ってしまいます。これが原因で体調が悪くなってしまうのです。

 

好転反応はデトックスしていますよ!という身体のサインなので、喜ぶべき事…なのですが、辛いものは辛いですよね。

対策方法としては、とにかく水分補給を頻繁にしましょう。そして身体を温める事です。

 

また、ファスティングは回を重ねれば重ねるほど好転反応が出にくくなります。

それは身体の中に溜っている老廃物や毒素の量が減っていくため、と言われているんですよ!

人間の身体ってすごいですよね!

 

ファスティングは医療行為ではないので体調不良時はストップする勇気を持ちましょう

人間の身体は以外と鈍感にできています。

少し頭痛がしても治ってしまうのは人間が持つ自然治癒力ですし、自覚症状がないことも少なくありません。

 

そのため、ファスティングに具合が悪くなったときは身体が発している痛み、シグナルなので我慢して続けることはおすすめしません。

体調が良いときに再チャレンジしてみる。でも良いと思います。

 

こちらの記事も実際にファスティングを体験した記事です。思いのほか失敗される方も多いファスティングですが、併せて参考にしてみてくださいね。

【参考:ダイエット家庭教師|ファスティング2回目!指導があるから成功できる

 

デトックスまとめ

今回は「デトックスでよりダイエットを成功に導く」というテーマでお送りしました。

重要な点はデトックスしたからすぐ痩せるということではありません。

デトックスはダイエットの一環だという認識を持つことが重要です!

 

ボディークリエイターかおりボディークリエイターかおり

いくら運動しても、いくらデトックスしても摂取カロリーを超えることはできません。食事こそがダイエットの基本です。

 

今まで何度もダイエットに失敗してきた・・・。という方はこちらの記事が参考になります。全然苦しくない『ダイエット家庭教師』の体験談です。

 

今回はデトックスの方法としてファスティングをご紹介しましたが、デトックスの方法は他にも沢山あります。

デトックススープ、岩盤浴、ツボ押し、ハーブティーなど様々な方法でデトックスが可能です。

ぜひあなたに一番合った方法を見つけて、健康的にカラダの中から痩せて理想のボディラインをゲットしてくださいね!

 

スポンサーリンク