医療脱毛とエステ脱毛の違いがわかりません。徹底的に調査してみました。

女性い脱毛は一般的なので、女性は医療脱毛とエステ脱毛の違いを知らない方は、いないかもしれません。今や脱毛をしていない女性の方が少ないように感じます。全身や脇、スネを脱毛してキレイになりたい女性の美意識の高さには頭が下がります。

ところが、脱毛は女性だけのものではなくなってきました!まだまだ脱毛人口は少ないものの、男性もヒゲや顔をキレイにする脱毛男子も増えています。私も勢いでヒゲ脱毛を始めましたが、そもそも医療脱毛とエステ脱毛を理解していません。

医療脱毛とエステ脱毛の違いについて調べてみました。どのような違いがあるかわからない私のメモ的な記事です。気になる方は参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

医療脱毛とエステ脱毛の違いは機械の強さと効果!

脱毛の効果の違い

先に結果を言ってしまうと、医療脱毛の方が費用が高く、エステは安い。医療脱毛は少ない回数で永久脱毛を実現できますが、エステは再びムダ毛が生えてくる可能性があると認識すれば大丈夫だと思います。

そもそも、エステ脱毛は法律で脱毛行為をしてはならないという決まりがあります。厚生労働省が過去に通達を出した内容を確認していきましょう。

医事第69号通知(永久脱毛)について
【警察庁保安部→厚生省への照会文章】
京都市に本店を置くW 株式会社が、不特定多数の女性を対象に、電気分解法及び電気分解法と高周波法の混合による手法により永久脱毛を行っている。
このような永久脱毛行為を業として行った場合は、医師法第17 条の医業に該当すると解してよいか。(中略)
出典:H13年11月8日通知厚生労働省出典:昭和59年11月13日通知厚生省(現厚生労働省)
【厚生省→警察庁保安部への回答文章】
御貴見のとおりである
 
 少し古い文書ですが、永久脱毛は医療行為であると国が認めています。エステは医者が行う施術ではないので、脱毛と言わず除毛と呼ぶのが望ましいとされています。これによって、医療脱毛とエステ脱毛は同じような電気脱毛を行うにしても電気の出力の制限が決まっているようです。

 

厚生労働省の通達

【出典:厚生労働省通達P332

かなり以前より、医師免許がないと脱毛施術をしてはならないと決まりがあるようです

医療脱毛とエステ脱毛を比較

施設クリニック(医療)脱毛エステ脱毛
永久脱毛不可
施術組織破壊をする施術組織破壊できない施術
脱毛の種類脱毛減耗、除毛
カウンセリングカウンセラーor看護師エステティシャン
診察医師なし
施術看護師or医師エステティシャン
痛みのケア笑気ガス麻酔、麻酔クリームアイスパック等

【参考:医療脱毛×エステ脱毛体験談まとめ!6名の脱毛体験談をまとめました!

上記の資料は医療脱毛を行っているゴリラクリニックが公表しているものなので、医療脱毛に偏った意見かもしれません。ただし、法律でも脱毛は医療行為とされていて、効果の高い機械は医師が診察をしてからでないと利用してはならないと定められています

メタボマン 久保メタボマン 久保

例えば、費用が安くてエステ脱毛を選択することは選択肢としてはアリだと思います。男性より毛根が細い女性(個人的な意見)ならエステ脱毛でも効果が得られる確率は高くなるのかもしれません。

エステティック振興協議会は、医師法違反にならない施術を提供することを前提としています。

エステ脱毛とクリニック脱毛の違い

左側がエステティック振興協議会が考える脱毛(除毛、減耗)で、脱毛の効果を高める=法律違反をしてしまう可能性もあるのです。

ヒゲのように濃い毛根はエステではダメなのではないか?

脱毛の効果の違い

詳細はこちら

 

女性のように細いスネ毛ならエステでも効果が出る可能性があります。ただし、ヒゲは濃いです。剃った後は青くなるくらい濃いんです。エステティックサロンがヒゲ脱毛を行っているかはわかりませんが、上記の内容を踏まえた上で考えると、私はエステという選択肢は無しだと思います

ただし、今回はクリニック側から提供された資料を元に両者の比較をしたので何とも言えません。続いて、実際に脱毛した方の感想を集めてクリニック×エステの感想をまとめていきたいと思います。

メタボマン 久保メタボマン 久保

これなら、客観的に判断できそうですよね!ということで脱毛経験者さん、脱毛の感想をお寄せください!

【参考:医療脱毛×エステ脱毛体験談まとめ!満足度が高いのはどっちの脱毛?

ゴリラクリニック

スポンサーリンク